ローン控除と確定申告

住宅ローン控除を受けるためには、2年目以降は年末調整できますが、1年目は確定申告をする必要がありますよね。 住宅をローンで購入した時には、住宅ローン控除と確定申告を忘れないようにしないとね。

確定申告に必要な書類を取りそろえ、3月15日までに税務署へ提出するようにすれば、ローン控除は受けられます。 確定申告の用紙は税務署にありますが、ホームページからダウンロードもできるみたいです。 取りに行く時間のない人は、ダウンロードの方がベターですね。 ローン控除のために自分で用意しなければいけない書類はというと、住民票の写し、家屋の登記事項証明書、売買契約書、年末残高証明書などです。 確定申告が初めてだという人は分からないことも多いと思うので、気軽に税務署に尋ねてみるといいでしょうね。 会社員なら初年度は確定申告が必要だけど、一度申告すれば、後は年末調整だけなので、一度っきりの手間ですみますね。

ローン控除をすれば幾ら得するのかっていう具体的な金額もネットには載っているので、その額を見れば、面倒でもローン控除は必ずやらないとって思うでしょうね(^_^;) ちなみに3000万の借入で年収が600万の場合には、10年間で200万以上も還付されるようです。