住宅ローンと親子リレー返済

二世帯住宅に親子で同居する場合、親子リレー返済という返済方法で住宅ローンを払っている人は多いんじゃないかな。 この親子リレー返済なら、例えば申し込み者が70歳以上の高齢であっても申し込みが可能だし、返済期間だって自分の年齢じゃなく、一緒に債務を追う後継者の年齢に合わせて決められるので、最長で35年ローンも組め、月々の支払負担が軽く済むんですよね。 住宅ローンと親子リレー返済なら、同居予定の親子がお互いに協力しあって支払いができるため、少し家の価格が高くても、それほど大きな負担なく手に入れることができるっていうのがメリットでしょうね。 親が病気になったり亡くなったりした場合には、連帯債務者である子どもが代わりにローンを払っていく…。 これって効率的な買い方ですよね。 それに70歳未満の場合には団体信用生命保険に加入することも可能なので、加入期限である80歳までに親が亡くなれば、債務は全部消えるんですよね。 もしそうなれば、自分が死んでも子どもに負債を負わせてしまうことがないので、なんとなく親としては安心ですね。

親子リレー返済ってうまく考えられた返済法ですよね。 こうしたものを利用して、親子二人三脚で資産を所有していくというのも、なかなかいいものかもしれませんね。

ローンの参考サイトはこちら

みずほ銀行カードローン審査通る?申し込み即日融資!【金利高い?】
みずほ銀行のカードローンは、求められる全てのサービスが揃ったカードローンです!
その審査の内容や、通るポイントが紹介されています。
xn--lck0c6eya6bc8308ekguaep0ejlva.rdy.jp/