上限金利設定型の住宅ローン

住宅ローンを組む時って、色々と考えることが多いけど、金利も変動金利にするか固定金利にするか、はたまた上限金利設定型の住宅ローンにするか…迷ってしまいますよね。 金利の変動って先読みしにくいので、どうすれば将来的に得なのか、決断するのはかなり難しいでしょうね。

金利の変動は、専門家でも色々と食い違うところがあるし、素人がズバリ予想することができなくて当たり前だけど、住宅ローンって負担が大きいから、できれば金利くらいは少しでも安くなれば…って思っちゃいますよね。 上限金利設定型は、変動金利と固定金利の中間のようなもので、金利が安い時は変動金利のメリットが、金利が高くなれば、上限が定められているため、それ以上は上がらないという固定金利のメリットが享受できるという、なかなか魅力的なもの。 でもメリットだらけに見える上限金利設定型も、当初の金利が高めになっていることがデメリットですね。 それに金利の優遇だってないこともあるそうなので、注意が必要だとか…。

まあ全てにおいて満足できる選択なんて難しいことだし、一長一短を併せ持つこれらローン商品で、どれが一番納得できるのか、じっくり考えて選べばいいんじゃないでしょうか。