不動産購入と総量規制の除外について情報収集で予備知識を仕入れる

不動産購入と総量規制の除外

不動産購入で融資を受ける時、総量規制によって年収の3分の1を超える融資は受けることができませんよね。 でもそれは個人が無担保で借り入れる場合に限ってのことで、担保がある場合や、法人名義で借り入れる場合には、総量規制の除外対象となるそうです。 それからつなぎ融資や、自宅のリフォームなどについても総量規制の除外対象となるようです。

また居宅とは別の建物を有している場合には、その建物を担保として貸付を受けることで、不動産価格以内の融資なら総量規制の対象からはずれるそうです。 他にも総量規制の除外って色々あるみたいですね。 不動産購入と総量規制の除外については、ネットで詳しく載っているので、不動産購入を考えている人は、一度調べてみるといいんじゃないかな。 最初にそういった知識があるのとないのとでは、随分違いますからね。 それに不動産に関してよく分かっていれば、不動産会社にみくびられることもなく、上手な買物ができるかもしれないし…。

やはり情報収集で予備知識を仕入れるってことは、不動産のように高い買物をする時には特に必要なことなんじゃないかな。 何も知らずに足を運んだら、そこで悩まなきゃいけないこともあるだろうし、時間をムダにしちゃうこともあるでしょうね。